スキップしてメイン コンテンツに移動

お米検査1回目は胴ワレだらけ

9月17日、当社生産のお米と当社で買取をしているお客様のお米の品質検査がありました。(コシヒカリとキヌヒカリ)

玄米の状態によって1等から3等、等外などの等級がつきます。


今年のお米の収穫は8月27日より。

当社周辺では早くに収穫が行われたお米でも、かなりのお米が胴割れ粒の割合が多くて2等となってしまいました。


玄米のままだと、お米に亀裂が入っているだけで済むけれど、
精米すると割れてしまうお米が胴割れ粒として判定されます。
この割合が多いと当然等級が下がります。

(お米が割れちゃうとご飯が上手に炊けないでしょう?
お米の検査は「白米で食べる」ことを前提に等級付けされているようです。)



なぜ胴割れがおこるのでしょうか?


収穫適期に刈取りを行ったお米でも、出穂から10日程度の最高気温が高いと田んぼに立っている間に胴割れが起こる割合が多くなるそうです。

今年のコシヒカリの出穂は7月20日頃から始まりました。
近畿地方で梅雨が開けたのも7月20日。(暦では7月23日が「大暑」です。)
「梅雨明け10日」っていう言葉は「梅雨が開けた後10日は暑い」って言う意味らしく、当社周辺でも梅雨上げ後10日の最高気温は平均31.6℃。7月26日は35.4℃にもなりました。8月2日は37.5℃まで上がっています。…やっぱり暑かったんですね。


また、収穫までの排水などにより地温があがった場合もなるようですね。

収穫適期を過ぎて収穫した場合(いわゆる「刈遅れ」)も胴割れ粒が多くなります。


お米がしっかり稔るには日光が必要ですが、
お米の水分の出入りが激しいと、お米として固くなった部分で膨張、収縮のギャップに耐えきれず胴割れが発生するそうです。
>>水稲の胴割粒対策について(栃木県農政部)



乾燥機で乾燥する際、急激な乾燥によっても起こるようですが、クサツパイオニアファームでは充分に送風を行ってから火を入れますので、あまり起こりません。

「田んぼには水を張っているから、乾燥の時に割れる」と言われる方がいらっしゃいますが、収穫されて当社に搬入される頃にはすでに割れていると思われます。
収穫の際に数粒もみをむいて、明るいところで透かしてみると、割れているかどうかすぐにわかります。
検査員さんが使う「米粒透視器」を使うと肉眼で見るよりもっとたくさん割れているのが見えたりします。(@_@)


近年の夏の暑すぎる気温に対応するには、植える品種を変えるか、田植日をかなりズラすしかないのでしょうか。
コシヒカリ、美味しいんだけどなぁ…。


□■─────────
 クサツパイオニアファーム
 http://www.pioneerf.co.jp/
 ─────────■□

コメント

このブログの人気の投稿

令和元年 ホンモロコの販売

いつもありがとうございます。

令和元年 ホンモロコの販売は
11月25日より開始です。

今年のホンモロコは小ぶり~中くらい。大きさ不選別です。

3400円/1kg(税込)

500g~1kg単位でお買い求めくださる方が多いです。
今年は個体数が多いとのことですので、年明けも販売できそうな見込みです。


また、
12月7日、14日、21日の3日間は、道の駅からすまで1日に40キロ限定で販売予定です



□■─────────
クサツパイオニアファーム
http://www.pioneerf.co.jp/
─────────■□

本年もよろしくお願い申し上げます。

あけましておめでとうございます。

旧年中はたくさんのご利用をいただきまして誠にありがとうございました。

本年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


一昨年前から事務所周辺の景色が大きく様変わりし、大きな道路が通るための橋脚部分が着々と建設されています。
写真奥、ちょうど太陽の真下の四角いのが橋脚の一つです。

今年も大きく変化のある一年になりそうです。


今年の豊作と
皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
□■─────────
令和最初のお正月
クサツパイオニアファーム
http://www.pioneerf.co.jp/
─────────■□

もち米籾の乾燥

クサツパイオニアファームでは「自分(の)とこ(ろ)の田んぼ」で米作りをする農家さんのお米の乾燥作業を請負しています。

農協のように、他所のお米と混ざったりしないので、自家で作ったお米を自家で食べることができます。

山手川のお客様は水がきれいでお米が美味しく、他所のお米と混ざることを嫌う方が多いですね。
また、おいしいお米をいつも食べておられるので、旅行先のご飯があまり美味しくないと感じる方も多いようです。

さて、クサツパイオニアファームのライスセンターではもち米の籾(もみ)すりが行われました。

うるち米ともち米がまざると、お餅をついたときにおはぎになってしまいます。
なので、ラインの清掃をきっちり行い、もち米のみラインを通過させます。

乾燥機も、もち米の籾の持込がある前にきっちり掃除をして、「もち米専用乾燥機」に変身!
乾燥は籾の持込から間をあけないで行いますが、籾すりは他の品種もあるため、上記の理由で仕上がりまで少しお待ちいただいています。



もち米が白くなるのはこのあたりでは「はぜる」と言います。
はぜていなくて、うるち米のように透明な粒もたまにはありますが、
つけばちゃんとお餅になります。

先週、満点青空レストラン(http://www.ntv.co.jp/aozora/)でも取り上げられた「低アミロース米」はうるち米ともち米の間くらい。
「ミルキークイーン」(http://www.pioneerf.co.jp/chumon/miruki.html)などに代表されるお米はうるち米よりも米粒が白濁していて、炊くともちもちなご飯になります。

当社でも人気のお米です。特に玄米食のお客様に大人気です。
あなたのお気に入りのお米をぜひ見つけてくださいね。



ところで、ネットで度々見かけるのですが、(天日干しのお米とくらべて)「乾燥機でお米を乾燥するとコメが死んで芽が出なくなる」っていうのはウソです。穀物乾燥機ではコメは死なない。(どんな乾燥機を使ったんだか…。)
発芽玄米も作れますよ。(^∀^)φ

□■─────────
おこわも美味♪クサツパイオニアファーム
http://www.pioneerf.co.jp/
─────────■□