2016/01/21

ふるさと納税と確定申告

「ふるさと納税は、納税した市区町村の特産品を受け取ることができ、税金返ってくるから超お得」というざっくりイメージのふるさと納税ですが、
ちゃんと控除の対象となるには条件があります。

確定申告不要の場合
 「ワンストップ特例」と言うもので、年収2000万円までの給与所得者(所得税が会社で引落しがされている人)対象のものですが、
ふるさと納税で寄附した自治体数が「5団体」までという場合に限られています。
また、「ワンストップ特例」を受けるための申請が必要になりますので、全く何も手続きしなくてもいいということではないですね。

ふるさと納税サイト(http://www.furusato-tax.jp/2015newrule.html)
国税庁のサイト(https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/furusatonouzei.htm)


給与所得者でも、医療費控除とか、雑損控除とかの還付申告を合わせて行う方、
不動産所得や農業所得などの別の所得がある方などは確定申告を行う必要がありますので、そもそもワンストップ特例の対象者ではないんですね。

毎年確定申告を行っている方は記入する数字が増えるだけかもしれませんが、始めて確定申告をされる方はドキドキです。

確定申告のための冊子は控除の計算のやりかたなども詳しく書かれていますし、
確定申告の申請時期は各地の公民館などでも出張申請会場などが設置されたりしますし、
市役所でも、税務署でも丁寧に教えてくれると思います。

せっかくご寄付いただいたのだから、上手に利用して、翌年度の住民税も減らしてもらいましょう♪

草津市のふるさと納税のサイトはこちら
よろしくお願いします。
(2016年分の申告から(2016年1月以降の寄付)はマイナンバーも必要になりますね。)

□■─────────
クサツパイオニアファーム
http://www.pioneerf.co.jp/
─────────■□

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...