2016/02/18

農業所得収支計算

今週から確定申告の受付が始まっていますね。

お米や野菜を販売している農家だけではなく、自宅で消費するだけの一般の農家も「農業収支計算」という形で届け出を行います。

「収入」-「経費」=「儲け(損)」

自家消費をする農作物も金額に換算して計算します。(白菜とかキュウリとか、売ったらどのくらいになるかな~という概算でよいとのことでした。)

損があれば所得税の還付があったり、儲かっていれば、追徴になるかもしれません。

自宅で消費するのが主ないわゆる「飯米百姓」で、自宅で機械などを所有して米作りなどをしていれば、たぶん損が出ると思われますので、一緒に生活をしている所得税納税者(サラリーマン兼業のお父さんなど)が還付申告をするほうがよいと思われます。


「収支内訳書」は国税庁ののホームページほか、各市町村のホームページにも掲載されていて、PDFファイルなどの形でダウンロードできます。

所によってはMicrosoft Excelで、数字を入力すれば提出用の用紙によく似た書式で印刷できるというファイルを公開されているところもあります。また、計算用シート(Excel)や資産減価償却の計算用シート(Excel)を作ってくれている市町村もあります。
(残念ながら草津市のホームページには無いです。お隣の大津市のホームページにはありました。)

確定申告の際に添付する農業所得収支内訳書は全国共通なので、使いやすいExcelファイルを提供してくれている市町村を探して、ダウンロードするのが良いでしょう。

平成18年分の申告より始まった「農業収支計算」ですが、早くからExcelファイルを提供してくれていた島根県安来市のエクセルシートはシンプルかつ使いやすいと思います。
(http://www.city.yasugi.shimane.jp/busyo/soumu/zeimu/shinseisyo/05.html)


□■─────────
クサツパイオニアファーム
http://www.pioneerf.co.jp/
─────────■□

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...