2016/02/29

「うるう」ってなんだ?

4年に一度の閏(うるう)年。
基本的に西暦が4の倍数の年はうるう年です
が、100の倍数の時はうるう年にならず、
だけど、400の倍数の時はうるう年(最近だと2000年)だそうです。

地球の公転が365日×24時間よりちょっと多い時間で太陽をの周りをめぐるために閏(うるう)日を入れた年が閏年。

閏秒は地球の自転が一定ではないために入れられる秒で、最近だと昨年2015年7月1日に1秒「○○:○○:60」っていう60秒目が入れられましたね。

で、「閏(うるう)」ってなにかなとおもって調べてみると、「潤(うるお)う」と同じような意味らしいです。

「余裕がある」

さんずいの潤うは水に余裕があって、水分を保っているとか、恩恵があるとか、経済的に余裕があるとか。

今日は閏日、余裕の一日。
なんだかちょっと得した気分です。

今朝の馬場町は朝から雷がなって、雨が降って、田畑は文字通り「潤」っています。

□■─────────
クサツパイオニアファーム
http://www.pioneerf.co.jp/
─────────■□

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...