2016/05/06

まっすぐのひみつ

あちこちの田んぼで田植が進んでいます。

まっすぐ整然と植え付けられる苗。
どうやってまっすぐに植えるのでしょうか。


田植をしたことがある人には既知のひみつです。(^_^;)


田植機にはまっすぐ植えるためのひみつが3つ。

1.畦や先に植えつけた苗の位置に合わせる隣接マーカー(写真黄色の細い棒)、
2.次の中心線を引くための線引きマーカー、
3.そして、今植えているラインの中心線を合わせるためのセンターマスコット。

センターマスコットは、後ろで植え付けられている苗が少なくなってきたら、「そろそろ足してね」と光って教えてくれる苗減少警告灯になっています。

畦にそって隣接マーカーを頼りに最初の植え付け。写真の田植機だと6条ずつ田植ができます。
この時に線引マーカーを降ろしておいて、クルッとUターンしてきた次の植え付けの中心線を引いておきます。

センターマスコットと線引マーカーの跡を合わせて次の植え付け。
センターマスコットと中心線上の遠くの建物などの目印を見つけて合わせてブレを少なくします。
もちろん、植え付けと同時に次のマーカーラインを引きます。

田植機の便利な機能に頼りつつ、植え手の技術でまっすぐに植えていくんですね。


植えつけた列が歪んでいると、「心が乱れてる」とか、「性根が曲がってる」とか言われたりするのも田植あるある(笑)

□■─────────
クサツパイオニアファーム
http://www.pioneerf.co.jp/
─────────■□

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...