2016/03/14

田んぼの抑草方法その1

しばらく農業の話から離れていたので、戻しましょう。

有機栽培、、無農薬栽培で米作りをする場合、ネックとなるのが雑草の問題です。
雑草が多いと、
肥料を散布しても雑草に栄養が取られたり、(雑草のほうが貪欲に肥料分を吸収します。)
雑草の根っこが広がるため、イネの根っこが広がりにくく、結果イネの分けつが進まなかったり。

雑草を減らす方法は昔からたくさん試されたりしているようです。

当社の有機栽培の田んぼで続いている方法の一つは

「2回代かき」です。

代かきの目的は
1.土を柔らかくして、田植をしやすくすること
2.土を細かくして、水漏れをなくし、水持ちを良くすること
などがあげられます。

水を入れて、こなす(耕耘する)ので、畑の作物の種と同じように水を得て雑草が発芽します。
水田雑草の中には酸素が少ない環境の水の中で発芽するものがあります。

1回目の代かきから一週間後、程よく雑草が発芽したと思われるころ(一週間で水田雑草の約8割が発芽するそうです。)、2回目の代かきを行います。
雑草の張りかけた根は、2回目の代かきで浮かされたり、
あるいは土の中へ再び埋没させて成長を抑えることができます。

但し、2回目の代かきで深く掻くと、土の中でまだ発芽していなかった種が表面に出てきて発芽したりしますので、2回めは浅く丁寧に行います。

代かき、田植を行う5月~6月は超がつくほど多忙時期。

田植と違って2回まわりますので、
この時期、代かき担当のスタッフはものすごい勢いで田んぼをめぐります。


□■─────────
クサツパイオニアファーム
http://www.pioneerf.co.jp/
─────────■□

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...